代表のあいさつ
 
はじめまして。福岡で、「ARTなFOODであそぶ」世界を浸透させるべく、ケータリング、カフェ営業、お弁当、オードブル、ご自宅で簡単に華やかな食卓の演出が出来るオリジナルグッズ、ARTな鉱物のようなお菓子を製作しています。「ハラペコラボ」と申します。
提供するものは、どれも独自のアイデアをもとに創り出したオリジナル作品ばかり。子育て世代の女性たち中心に皆で支え合いながらも、キビキビと、集中して楽しく!仕事をしています。
 
代表野尻とハラペコラボの広がりについて
代表野尻は、出産後に、子育てをしながらマイペースにオーダー品のようなコンセプト毎に演出を考えるARTなケータリングを一人で始めました。始めて間も無く、今の料理長(取締役)しばちゃんにも手伝ってもらいながら、事業を続け、数年後、2017年の春小さなアパートの一室に、正式にアトリエを作りました。1年ほどは7、8名のスタッフさんで、ケータリング、完全予約制のお弁当制作、限定アトリエイベントや、社員食堂代行、イベント出店などをしているうちに、今の代表作となる鉱物みたいなお菓子、「こうぶつヲカシ」の誕生により、スタッフも12、3名と増えていきました。
その間2018年の夏に野尻第三子出産のため完全に現場から離れてサポートにまわりました。野尻以外のスタッフでもハラペコラボは助け合いとスタッフさんたちの才能と成長により、運営が行われていきました。
そして、狭いアパートも隣の部屋、さらに手狭になり上の階と同じアパートの中で3つの部屋を右往左往して、でもそれでもスペースがいっぱいになってしまった頃、代表野尻の夫(サラリーマン)の大阪転勤が決まりました。「家族は離れない方が良いよ!」とスタッフさんたちのあたたかい言葉に後押しされ、代表野尻が2020年の春に大阪へ引っ越しとなります。同時期に、近所の福岡市南区大池に、良い物件を見つけ、皆の美しく使い勝手の良い「城」を作るべきだと考えて、代表不在のまま引っ越しを決意しました。コロナ禍でほぼリモートのまま、皆で意見を出し合ったり工事も手伝ってくれたりしながら、2020年の秋に新アトリエに引っ越し路面店もオープン致しました。
2019年の11月に、法人化したハラペコラボは、今は33名のラボメンバーにより、料理を作るキッチン、こうぶつヲカシ製作チーム、オリジナルグッズチーム、発送チーム、デザインチーム、広報チーム、店舗運営チーム、経理や総務、オンラインショップ運営の事務チームとそれぞれが切磋琢磨しながら働いております。
元々は主婦のプチ起業的に始まったハラペコラボは、会社という組織を横並びで風通しの良い状況を心掛けながら、手探りで作ってきた、物作りも、会社作りも他とは全然違うとてもユニークな会社で有るというところが何より誇りです。
皆変わっててそれがみんなの誇りなのです。大好きな皆と一緒に新しいものを生み出せることが、全員の喜びで、福岡という場所で、子育てしながらも、自己実現をするのが当たり前で、お互いのペースや価値観を尊重出来る。大変な時は即座に助け合える。緊張感も有りつつ、手は動きながら冗談も飛び交うカッコいい人たちの集団だなと思ってます。
「そんな私たちと仲間になりませんか?」
私野尻は、加わってくれる人の事を「家族」ととらえます。家族とは、言いたいことも言いあえる。寝たら忘れるので引きずらない。(笑)お互いの成長を楽しみにする。相手の成長が自分の喜びになり、相手の悲しみも自分の悲しみになる。尊い存在です。今どき珍しいし、現代の会社はそんな事言わないのかなと思いますが、元々変わった会社なので、「普通」に当てはめようとせずみんながみんなを自慢し合う集団を目指していきたいと思います。
貴方の頑張りも、ワクワクも、大変も、みんなで受け止めて皆んなで乗り越えたいと思います!一緒に新しいモノづくりで社会や人に喜ばれる存在を日本だけでなく世界中に浸透させるべく発信していきましょう!
 
代表 野尻知美